頭皮が乾燥する原因

 

頭皮が乾燥する原因は色々ありますが、まずシャンプーのやり過ぎがあります。1日に2回以上のシャンプーはやり過ぎなので注意が必要です。頭皮の乾燥は、髪を洗いすぎているとも原因の一つで、洗いすぎは頭皮の乾燥を招くことになります。特に脱脂力の強いシャンプーを使っている場合は注意しましょう。脱脂力の強いシャンプーは、必要な皮脂まで取り除いてしまうので、頭皮が乾燥します。合成界面活性剤を主成分としているので、乾燥が気になるときには使用を避けるべきです。頭皮が乾燥している人は、適度な洗浄力のアミノ酸系シャンプーがおすすめです。洗浄力が強すぎると、必要な皮脂まで流れるで、どうしても乾燥が起こりやすくなります。必要な皮脂がなくなると、毛根に細菌が入りやすくなり、炎症やかゆみが生じます。ゴシゴシ洗いも原因で、頭皮を傷つけ、乾燥する原因につながります。加齢も頭皮が乾燥する原因になります。皮脂は加齢とともに減少し、加齢とともに乾燥したパラパラのフケが出てきます。加齢はどうしようもありませんが、正しいケアをすれば、皮脂の減少をゆるやかにすることができます。頭皮の乾燥を改善はするには、保湿をして頭皮にうるおいを与えることが大事です。

 

 

頭皮のかゆみ


2015/12/14 14:38:14 |

 

頭皮が乾燥することで起こる症状は、色々あります。頭皮が乾燥すると、かゆみ、フケ、抜け毛、頭皮湿疹、頭皮ニキビなど、様々な症状が出てきます。頭皮が乾燥をするとバリア機能が低下します。皮膚の水分を保つ役割と雑菌を防ぐ役割が低下するので、頭皮に炎症が生じます。頭皮の乾燥が進むと、皮膚がカサカサになり、炎症をおこし、抜け毛へとつながります。頭皮が乾燥すると、カサカサしてきてフケが出やすくなり、かゆみを感じやすくなります。そのまま放置していると悪化してきて、頭皮が傷んできます。乾燥が酷くなると、抜け毛や脱毛の症状が出てきます。頭皮が乾燥すると頭皮の角質がカサカサになり、炎症を起こして赤くなります。フケもよく出ますが、乾燥性のフケの場合、皮脂の分泌量が少ない人によく見られます。洗髪のしすぎやシャンプーとの相性が悪いと頭皮が乾燥し、皮膚の角質がはがれてフケが出てきます。湿性のフケは、皮脂分泌量の多い人に見られ、大きなフケとなって現れます。フケやかゆみの症状は、頭皮が乾燥し、頭皮のバリア機能が低下することで発生します。

 

頭皮湿疹